讃岐府中駅 (予讃線)
駅番号:Y05


住所香川県坂出市府中町
開業日1952年1月27日
電略サフ
標高20m
乗降客数 (1989年)504人
(1999年)834人
(2009年)315人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 国分〜鴨川間にある駅。

 国鉄時代はホームが21m車1両分しかなく、ほとんどの普通列車が通過(86年3月改正時点では7本の列車しか停まらなかった)し、朝夕の一部の気動車列車のみが停車していた。
 87年3月23日の高松〜坂出間電化完成時に同区間に設定された電車による普通列車は基本的に全て各駅停車とされ、以後増発された電車による各駅停車は基本的に全て停まるようになり、その頃にホームも4両分に延長された。


 場内/出発信号機は存在せず、停留所扱いの停車場となっている。


 駅は築堤上のR400のカーブの途中にあり、ホームは対面2面2線。
 振子式の特急は100km/h以上で通過していく。

 ホームは元々21m車1両分の長しかなかったが、1987年頃に21m車2両分に建て替えられ、その後1998年までの間に現在の4両分に延長された。

 上り方の様子。

 遠く国道11号線の立体交差付近まで遠望できる。

 下り方の様子。


 色やフェンスが異なっているので一目で識別できるホーム延長部分。

 八十場駅と異なり、電化の際に元のホームを全て取り壊して建て替えているので、継ぎ足しの痕跡は1箇所のみとなっている。


 上りホーム側の階段。

 緑色の部分が電化に伴うホーム改築時に増設された部分。

 下りホーム側も同様になっている。

 下りホーム側から見た、駅の下をくぐる自由通路。

 上りホームへ上がる階段へは、この通路を通っていく。
↓下りホーム側

↓上りホーム側

 2014年3月に設置されたicoca簡易改札機。

 1番/2番両ホームの出入口横にそれぞれ設置されている。
 なお、自動券売機はホームへの登り階段の上り口に設置されている。

 駅名標。

 曲線の途中にあり、カント量は105ミリなので、各駅停車は停車時に大きく車体が傾く。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます