285系特急形直流寝台電車
「サンライズエクスプレス」

堂々14両編成で東海道を上る285系「サンライズ瀬戸」+「サンライズ出雲」
東海道本線 茅ヶ崎〜平塚間
1998年7月14日


 これまでの寝台特急列車のイメージを打破するべく、JR東海とJR西日本の共同開発によって1998年7月にデビューした寝台特急電車。寝台電車としては583系電車以来30年ぶりに登場した新系列である。


 コンセプト・デザイン・エクステリアとも従来の寝台特急客車のイメージを覆しており、それらが評価されて1999年の鉄道友の会・ブルーリボン賞を受賞した。
 また、通産省(当時)グッドデザイン賞も受賞している。


 これまでの開放室中心の編成から、寝台を全て個室化したほか、車体のカラーリングもこれまでの夜をイメージした深いブルーから、その名の通り日の出をイメージした鮮やかなクリームとワインレッドのツートンに、境界部分にゴールドのラインが入っている。

 車体は普通鋼製、台車はヨーダンパを組み込んだ軽量ボルスタレス台車で、アンチローリングダンパも併用する。
 7両固定編成で、前後4両の一人用個室B寝台車が2階建て構造、その他の全車が2層構造となっている。

(注)一般には285系は全2階建てとされているが、個人的には2階建てかどうかは乗客全員の共用スペースである廊下を基準に考えるべきであると思うので、その点から言って廊下が完全に上下2階に別れているのはこの4両だけであることから、それ以外の3両は「2層建て」あるいは「2層構造」と呼ぶことにしている。


 7両編成5本が登場し、JR東海が保有する2編成が3000番台、JR西日本が保有する3編成が0番台を名乗り、共通運用されている。東京〜高松間「サンライズ瀬戸」以外では、伯備線経由に変更された東京〜出雲市間「サンライズ出雲」にも使用され、東京〜岡山間は併結運転で14両編成となる。


外  観最終更新:2008年11月 3日
内  装最終更新:2017年 2月27日
座席/部屋番号一覧最終更新:2017年 2月27日
諸元表最終更新:1999年 8月30日




予讃線 伊予桜井駅
2003年8月10日

 「サンライズ瀬戸」の臨時松山延長運転で、伊予桜井で運転停車して8000系と交換するサンライズ。
 屋根高さの差(約70p)に注目。

 実際に、サンライズの二階室に乗っていると8000系の屋根の上が見える。

予讃線 海岸寺〜詫間間
2009年8月17日

 臨時松山延長で津島ノ宮付近を行く「サンライズ瀬戸」。

山陽本線 岡山駅
2009年12月12日

 岡山駅で連結作業を終え、長大14両編成となって発車を待つ上り「サンライズ」。

山陽本線 岡山駅
2012年5月5日

 岡山駅での「サンライズ瀬戸(左)」と「サンライズ出雲(右)」の連結シーン。

土讃線 善通寺〜琴平間
2015年10月12日

 臨時琴平延長で琴平到着後、高松まで回送される285系。

予讃線 八十場駅
2016年5月15日

 臨時延長で琴平へ向かう途中、前夜に吹田で追い越した東京(タ)発高松(タ)行71レと離合する「サンライズ瀬戸」。

予讃線 高松駅
2017年11月29日

 2017年末時点でもまだ残っていた、旧出雲電車区(現・後藤総合車両所出雲支所)所属を示す「米イモ」表記。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます

285系 サンライズ 写真 画像 客室 室内 個室 車両 シングルDX ソロ シングル サンライズツイン シングルツイン ラウンジ シャワー ノビノビ