内子駅 (予讃線)
駅番号:U10

住所愛媛県喜多郡内子町内子
開業日1920年5月1日
電略ウチ
標高(?)
乗降客数 (1989年)1,428人
(1999年)1,930人
形態併用2面3線
主な設備 みどりの窓口

車deトレイン取扱




 1920年、愛媛鉄道の駅として開業。1933年に国有化された。
 赤地ローカル線である内子線の終着駅であったが、1986年3月3日の予讃線・内子ルート開業に伴い、現在位置に移転するとともに愛媛県内初の高架駅として生まれ変わった。

 駅舎は高架下にあるが和風な造りとなっており、屋根瓦を有する。


 ホームは島式1/2番ホームと片面の3番ホームを有する2面3線となっており、高架化当初から通過列車が存在しないため一線スルーにはなっていない。

 なお、当駅から新谷までの間は、もともとの内子線の線路改良という位置づけであるため、戸籍上は内子線のままとなっており、当駅が内子線の「終点」となる。
 従って、現在の内子線は路線の起点終点の向きと、列車の下り上りの向きが逆向きになる。


 駅前にはC12形SLが静態保存されている。

 高架下にある和風でコンパクトな駅舎。

 駅入口付近。
 改札付近と待合室もコンパクトにまとめられている。

 改札を入った正面に、エレベーターに繋がる通路があるのだが、、、、

 ぐるっと大きく回り込んで・・・・

 エレベーターだけがぽつんと・・・・

 こちらはホームへの階段。

 改札を入って逆コの字形に上がった、中二階の位置。

 これをさらに上がったところを左に行くと3番ホーム。
 さらに真っ直ぐ正面の階段を上がると、1/2番ホーム。

 島式+片面の2面3線。

 エレベーターは1/2番ホームにのみ設置されている。

 下り方場内。

 向こうに見えるトンネルは、五十崎トンネル(1,106m)。

 1/2番ホームのつり下げタイプの駅名標。

 丸ゴシック体。

 3番ホームにある地上設置形は角ゴシック体。

 ちなみに1/2番ホームにも地上設置形の駅名標があるが、そちらは丸ゴシック体。
(↓2008年当時)

(↓2018年時点)

 駅前に保存されている、C12−231。

 屋根無しの雨ざらしだが、適度に整備されている模様。

 プレート部分を文字が読めるレベルまで拡大。

 「内山線」の完成日が「3月31日」と記されている。

 すぐ横には行き止まり時代に使用していた駅名票が保存展示されている。


 旧内子線の線路跡を利用して、駅前から南へ延びる道路。
 現在この道路は、向こうに見える内子線高架橋の手前で左へカーブし、国道56号線に繋がっている。


※1997年5月11日撮影
 同じ場所から見た、2008年4月26日現在の様子 → 
 ↑の正反対側、駅前から北へ延びていた線路跡。
この先に旧内子駅があった。ここも現在は既に道路となっている。


※1997年5月11日撮影
ほぼ同じ場所から見た、2008年4月26日現在の様子 → 

 整備途中だった頃の、駅前のC12形。


※1997年6月7日撮影

 開業間もない頃の1/2番ホーム。


※1986年3月24日撮影

 同じ日の駅前の様子。


※1986年3月24日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます