高瀬駅 (予讃線)
駅番号:Y16

住所香川県三豊市高瀬町新名
開業日1913年2月20日
電略タセ
標高9m
乗降客数 (1989年)2,774人
(1999年)2,070人
(2009年)810人(乗車人員
形態島式1面2線
主な設備 ウィリーウィンキー
車deトレイン取扱




旧高瀬町の中心駅。
2008年に三豊市役所の本庁舎が駅前の通りに移転したことから、市役所への最寄り駅となった。

詫間と同様に、データイムの特急は基本的に通過し、朝夕と夜間帯の一部列車のみが停車する。
国鉄時代は、一部の急行列車までが停車していた。

1913年の開業当初は「上高瀬駅」を名乗り、1959年10月1日に現駅名に改称した。


駅前から三豊市のコミュニティバスが発着している


三豊市コミュニティバス


 ホームは島式1面2線。側線も1本残っている。
 駅舎とホームの間は跨線橋がある。

 一線スルー対応で、1番線が上下本線。

 跨線橋から下り方のホームを見下ろす。

 上り方場内。

 駅名標。


 2008年5月当時の高瀬駅。
 合併で三豊市となった後も数年間、駅前には「ようこそ高瀬町へ」の看板が立っていた。

 2001年8月当時の高瀬駅。
 駅舎上の駅名表示の意匠が異なる。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます