伊予寒川駅 (予讃線)
駅番号:Y24

住所愛媛県四国中央市寒川町
開業日1933年4月1日
電略サン
標高9m
乗降客数 (1989年)276人
(1999年)288人
形態対面2面2線
主な設備




 旧寒川町(現:四国中央市)にある駅。

 このあたりは、日本三大局地風の一つとされる、法皇山脈から吹き下ろす強烈な「やまじ風」が吹き荒れる場所で、特に春と秋にはそれによる運転規制(一時運転見合わせ等)が行われることがある。


 駅の前後の区間は直線状で線形が良いため、ほぼ全ての列車が最高速で飛ばす。
 しかし駅構内のポイント通過速度が100km/hに制限されているため、特に回復運転時の特急列車では駅の手前で前にのめるほどの減速Gが感じられる。


 駅のすぐ前に国道11号線の交差点(黄色点滅信号)があり、せとうちバスの「寒川駅前」バス停がある。

瀬戸内運輸(せとうちバス)


 ホームは対面2面2線。
 一線スルー対応で、1番線が上下本線。

 かつては2番ホームに待合所があったが撤去されている。画像左下のアスファルトの色違いの部分がその跡地。

 上り方場内。

 下り方場内。

 元の貨物扱い所跡。

 海が間近に見える。

 構内の跨線橋の銘板。

 工事施工は大鉄工業だが、跨線橋自体の製造者は国鉄・多度津工場の模様。

 駅名標。

 右側通行で駅を通過する8600系の特急列車。


 かつて2番ホームにあった待合所。


※2008年3月20日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます