伊予大洲駅 (予讃線)
駅番号:U14/S18

住所愛媛県大洲市中村
開業日1918年2月14日
電略オス
標高(?)
乗降客数 (1989年)2,600人
(1999年)2,700人
(2009年)1,062人(乗車人員
形態併用2面3線
主な設備 みどりの窓口
ワーププラザ
キヨスク

コインロッカー

車deトレイン取扱




 大洲市の中心駅。
 1918年に愛媛鉄道の大洲駅として開業。1933年の国有化の際に、現駅名に変更となった。

 1972年3月改正から1975年3月改正までの間、特急「しおかぜ」が当駅と八幡浜駅の選択停車となっており、当時この区間に2往復が設定されていた定期列車のうちの1往復が当駅を通過していた。
 それ以外の期間では、現在に至るまで当駅を通過する定期旅客列車は存在しない。


 駅前にバス乗り場があり、中南予方面・佐田岬方面へのバスが発着している。

伊予鉄(伊予鉄南予)バス
宇和島自動車


 ホームは片面+島式の2面3線。
 一線スルーではない。

 上り方ホームは若干の延長の跡が見られる。

 このほかに留置側線もある。

 上り方場内。

 下り方場内。

 場内を抜けるとすぐに右カーブの上り勾配となり、登ったところが肱川橋梁となる。

 下り方にある跨線橋。

 2番ホーム側がほぼ1両分丸ごと使えないような配置。
 1番ホーム側も同様で、跨線橋から先は通常不使用となる(跨線橋上り口付近に「×」の停止位置標識がある)。

 跨線橋内部。

 2番線から発車する松山行き特急「宇和海」と、かつての貨物線(現保線用留置線)に留置中の保線用モーターカー。

 元の貨物扱所の一部は、例によって駐車場となっている。

 改札付近の様子。

 向かってすぐ左が出入口。撮影者の右側背後に、待合室とキヨスクがある。

 駅前の通りにある、「少彦名神社」の鳥居。


 駅名標。

 隣駅の表記位置が異なっていることに注目。
 駅名標を見たときに、実際の線路の分岐方向と感覚的に一致するように表記されている(他のJR四国の分岐駅も同様)。


 上り方ホーム端がまだ仮設だった頃の当駅に到着する、キハ181系「いしづち」。


※1993年1月31日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます