大西駅 (予讃線)
駅番号:Y43

住所愛媛県今治市大西町新町
開業日1924年12月1日
電略オニ
標高2m
乗降客数 (1989年)500人
(1999年)464人
形態対面2面2線
主な設備




 かつての大西町(現:今治市)の中心駅で、当初は「伊予大井駅」を名乗っていた。
 1959年10月1日に、現駅名に改称。

 国鉄時代は当駅に停車する急行列車もあったが、現在は普通列車のみが停車する。なお、特急列車が交換のため運転停車することが多い駅である。


 以前はウィーリーウィンキーが入っていたが、現在は撤退している。


 駅舎内の様子。

 かつては左側のスペースが駅事務室で、民営化後に焼きたてパンの店「ウィリーウィンキー」になるなどしたが、2018年現在は完全な空きスペースとなっている。

 対面2面2線の一線スルー。制限100km/h。
 1番線が上下本線となる。

 かつては構内通路があったことが、2番ホームに描かれた「左右確認」の文字と、階段を埋めた痕跡で伺うことが出来る。


※2008年3月29日撮影

 上り方場内。

 下り方場内。

 かつては3番ホームまであったと思われる形跡。

 1番ホーム脇にも、貨物扱い所から転用された保線用留置線があったが、現在は線路は撤去されている。

 跨線橋。

 2番ホームから直接外へ出られる。
 逆に1番ホームから2番ホームへ来るには、一旦駅舎の外に出なければならない。

 駅名標。


 大西駅で交換する、2000系同士の「しおかぜ5号(左)」「しおかぜ12号(右)」。
 一線スルーなので右側通行。


※1992年撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます