伊予三芳駅 (予讃線)
駅番号:Y37

住所愛媛県西条市三芳
開業日1923年10月1日
電略ミヨ
標高10m
乗降客数 (1989年)686人
(1999年)686人
形態対面2面2線
主な設備




 当駅から、伊予桜井、伊予富田と、旧国名を冠した駅が3駅連続する。

 「伊予〜」駅が3つ続く区間は、「伊予大平−伊予中山−伊予立川」「伊予長浜−伊予出石−伊予白滝」も含めて合わせて3つもあり、旧国名を冠する駅の数としては「伊予〜」は「越後〜」に次いで2番目に多い。


 対面2面2線。

 一線スルー対応で、2番線が上下本線。通過制限速度は100km/h。

 駅舎内。

 かつてはキヨスクがあり、乗車券が販売されていた。

 上り方を望む。

 駅のすぐ横を、今治小松自動車道が走っている。
 今治小松自動車道をくぐった先の上り方に、川のトンネルである大明神川トンネルがある。

 下り方場内。

 かつて3番線があったと思わせるような痕跡もある。

 元の貨物扱い所は保線基地となっている。

 駅名標。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます