国分駅 (予讃線)
駅番号:Y04

住所香川県高松市国分寺町国分
開業日1897年2月21日
電略コク
標高33m
乗降客数 (1989年)1,112人
(1999年)1,028人
(2009年)356人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 かつての国分寺町にある駅で、文字通り讃岐国分寺の最寄り駅。

 駅場内全体が曲線半径400のカーブを描いているが、上りホームについては上り方に若干延長して、列車がなるべくカーブの途中で停まらないように乗り場が変更されている。
 しかし下りホームは以前のままで、しかも線路は105mmものカントが付けられているため、下り列車でこの駅に停車すると結構スリルを味わえる。


 場内/出発信号機の存在しない、停留場である。


 若干上り方に移動した、1番乗り場。

 延長部分。

 改札前から下り方面を望む。

 下りホームはほぼ以前のままだが、上りホームは若干上り方に延長した上で、半分以上を使用停止にしている。
↓駅舎内にある入場機

↓2番ホームにある入出場機

 2014年3月に設置されたicoca簡易改札機。

 左画像の上は、駅舎内にある入場用。

 2番ホームには、これとは別に入出場機がセットで設置されている(左画像下)。
 これは駅の構造上、駅舎を通らずに2番ホームに出入りできるための措置と思われる。

 なお、1番ホーム用の出場機はホームに設置されている。

 駅舎に掲げられているプレート。

 緯度経度情報と標高が明記されている。

 駅名票。

 改札を入って左手ホーム上のフェンスに縛り付けられている曲線票。

 曲線半径は400m、カントは105mmと記載されている。
 JRの狭軌在来線に許容されている最大カント量が設定されている。

 振子ではない、、、、単にカントのせいで傾いているだけであるw





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます