喜多灘駅 (予讃線)
駅番号:S11

住所愛媛県大洲市長浜町今坊
開業日1935年10月6日
電略キタ
標高(?)
乗降客数 (1989年)140人
(1999年)122人
形態片面1面1線
主な設備




 予讃線・高松〜伊予大洲間の最後の開通区間であった、下灘〜伊予長浜間の中間駅として開業。
 全ての普通列車が停車する。

 元来島式1面2線で駅舎もあったが、1番線と駅舎は撤去され、現在は駅舎無しの棒線駅となっている。


 現在の配線は、片面1面1線。

 元々は島式1面2線であったが、旧1番線は1986年の内子バイパス開業後に、まもなく撤去された。

 上り方には、短い保線用の留置線と貨物ホーム跡がある。

 その片隅にある、落石警報電源のボックス。

 上り方場内と、その脇に立つ228kmのキロポスト。

 下り方場内。
 かつての1番線(上り線)が通っていた広いスペースが残る。

 旧1番線側の半分を壁で塞いで作られた、現在の待合所。

 下の道から駅へは、結構高い階段を上がる。

 上がったすぐ横の所にも、何か駅施設があった痕跡がある。

 階段を下りたところにかつては駅舎があった痕跡が残る。

 駅がちょうど大洲市と伊予市の境界にあたる。

 駅名標。


 駅横の木は桜で、春にはホームが一面ピンクに染まる。
 現在は、このアングルで撮ろうとすると背後に・・・


※2008年4月13日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます