川之江駅 (予讃線)
駅番号:Y22

住所愛媛県四国中央市川之江町
開業日1916年4月1日
電略ノエ
標高5m
乗降客数 (1989年)1,980人
(1999年)1,742人
(2010年)561人(乗車人員
形態島式1面2線
主な設備 みどりの窓口
ウィリーウィンキー

車deトレイン取扱



 「紙の町」四国中央市は、元の川之江市と伊予三島市が合併しており、旧川之江市の中心駅が川之江駅。

 1990年までは当駅を通過する特急や急行(国鉄時代)もあったが、現在は旅客列車については全ての列車が停車する。


 かつては阿波池田行きの国鉄(JR四国)バスが運行していたが、現在は路線自体が廃止されて存在しない。
 その後は、東予一帯に広く勢力を張っている民間の瀬戸内運輸が、阿波池田までのバスを運行していたが、これも2010年4月30日限りで廃止された。

 焼きたてパンの店、ウィリーウィンキーがある。


 上り方から望む場内。

 ホームは島式1面2線。
 一線スルーとなっており、画像向かって右側の1番線が上下本線となる。

 「右側通行」で離合する貨物列車。

 現在は旅客列車は全て停車するが、貨物列車にはまだ当駅を通過する列車があるため、その場合は対向列車があるときでも右側通行となる。

 下り方から場内を望む。

 8000系アンパンマンが1番線に停車中。

 改札付近の様子。

 「車deトレイン」の駐車場とバス乗り場(後方)。

 旧貨物ホームに今も残る大屋根。

 駅名標。


 遅くとも2008年頃まで、2001年に廃止されたJR四国バスの乗り場案内と施設が残っていた。


※2008年3月20日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます