鴨川駅 (予讃線)
駅番号:Y06

住所香川県坂出市府中町
開業日1897年2月21日
電略モワ
標高9m
乗降客数 (1989年)1,436人
(1999年)1,170人
(2009年)373人(乗車人員
形態島式2面4線
主な設備




 坂出市内の綾川沿いにある駅。
 快速「サンポート」は朝夕を中心に一部のみ停車する。

 かつては対面+島式の2面3線であったが、高松近郊区間の快速増発等に伴う線路容量拡大のため、島式2面4線に改築され、それに合わせて駅舎も建て替えられた。


 ホームは島式2面4線。

 元の1番ホームを島式化している。

 バラスト積み込み場の痕跡は今もまだ残っている。
↓駅舎内の入場機

↓出場機はホームに設置

 2014年3月に設置されたicoca簡易改札機。

 駅舎内に入場用が1台と、2本の島式ホームに出場用がそれぞれ各1台設置されている。

 駅名標。


 工事中の頃の鴨川駅。


※2001年6月15日撮影

 工事中に使用していたプレハブの仮駅舎。


※2001年6月15日撮影

 ↑の約2ヶ月後、、、、少し進んでいるw


※2001年8月28日撮影




 改良工事が始まった頃の様子。


※2000年2月2日撮影




 かつて鴨川駅は、四国(国鉄〜JR)のバラスト積み出し基地であった。
 現在の4番ホームとその隣の側線には、いつもホキ800形ホッパ貨車が留置され、積み込みホームにはバラストが積み上げられていた。

 2000年に当駅の改良工事が始まると、ホキ800形は川之江駅に疎開した。


※1996年12月29日撮影




検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます