堀江駅 (予讃線)
駅番号:Y52

住所愛媛県松山市堀江町
開業日1927年4月3日
電略ホエ
標高3m
乗降客数 (1989年)600人
(1999年)548人
形態対面2面2線
主な設備




 かつての国鉄連絡船・仁方〜堀江航路(1982年7月1日廃止)の乗換駅。
 堀江港は駅からまっすぐ西へ徒歩数分のところにあり、国鉄航路廃止後も阿賀(呉市)との間に民間フェリーが運航していたが、2009年6月をもって廃止された。

 駅舎は貨車の廃車体を再利用したもので、JR四国の駅としてはここと箕浦の2駅のみとなっている。

 国鉄時代は急行列車の一部が停車していたが、現在は普通列車のみの停車となっている。


 駅舎内の様子。

 対面2面2線。

 一線スルー対応で、2番線が上下本線。

 上り方場内。

 下り方場内。



 2018年当時綺麗に青く再塗装された跨線橋は、国鉄・多度津工場製。

 かつての貨物扱所を転用した保線用留置線。

 駅名標。


 2008年当時の駅舎


※2008年3月29日撮影(以下3枚とも)

 「駅舎」のホーム側に駅名プレートがあった。
 昔は反対側にもあったが、腐食のためか現在は両方とも撤去されている。

 柱に「喫煙場所」と書かれた屋根付きスペース。
 2018年現在、「喫煙場所」のプレートは撤去されている。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます