端岡駅 (予讃線)
駅番号:Y03

住所香川県高松市国分寺町新居
開業日1897年2月21日
電略ハオ
標高24m
乗降客数 (1989年)2,980人
(1999年)2,958人
(2012年)1,313人(乗車人員
形態併用3面4線
主な設備




 高松のベッドタウンとして、近年乗降客数が増えている端岡。

 元々は快速列車も通過する駅だったが、国鉄末期頃から快速列車が停車するようになり、以来利用者が増えている。

 昼間は駅員配置だが、早朝と夕方以降は無人となる。


 ホームは、片面1本+島式2本の3面4線で、しかも島式2本は千鳥配置という変則的なもの。
 元々は片面+島式のオーソドックスな2面3線であったのだが、列車増発を目的とした待避設備増設を行うため、20m車11両分程度の長さがあった島式ホームを途中で切り落とし、下り方に別の島式ホームを新設したもの。

 元の片面ホームもそのまま残され、片面ホームと新設した島式ホームの間を1番線(上り本線)が通るレイアウトとなっている。
 かつての1番ホームだった片面ホームは、配線変更に合わせて0番ホームに改番されている。

 各駅停車がこの駅で快速「サンポート」に緩急接続する際は、各駅停車を1番線に停めて両側の扉を開き、2番ホームの「サンポート」へは各駅停車の車内を通って乗車できるように配慮がなされている。

 通過列車は1番線(高松方面行き)と4番線(坂出方面行き)を通過する。

 上り列車専用の、片面0番ホームと島式1/2番ホーム。

 中央の線路が、上り本線。
(下り方から)

(上り方から)

 0番ホームから、1/2番ホームに渡る跨線橋を望む。
 袂にはイコカの簡易改札機もあるが、実際にこの跨線橋が使われることはほとんど無い。

 下り方から見た画像のずっと奥に見えるのが、3/4番ホームとそれに続く跨線橋。

 0番ホームから、3/4番ホームとそれに続く跨線橋を望む。

 3/4番ホームから、0番ホームに渡る跨線橋。
 イコカの簡易改札機がある。

 奥に見えるのが、0/1/2番ホーム。

 3/4番ホームを見下ろす。

 本線の駅本屋側に、上り側から入れる保線用留置側線がある。

 3/4番ホームに渡る跨線橋から、0/1/2番ホーム側を見下ろす。

 判りにくいが、左手奥に下り線下り方から入れる保線用留置側線がある。

 下り線下り方から駅を望む。

 手前が1/2番ホーム、右手奥に見えるのが3/4番ホーム。

 国鉄時代から非常に長い場内有効長を持っていた端岡駅。
 場内を横切る踏切から下り方を望む。

 左から、下り本線、2番線、1番線。
↓ホーム出入口横の3台

↓島式ホームの出場機

 2014年3月から、icoca簡易改札機とチャージ機が導入された。

 ホーム出入口横に入出場機とチャージ機が設置され、このほかに2本の島式ホームの跨線橋入口付近に出場機が設置されている。

 駅名標。

 駅前はかつては乗用車の転回にも苦労するほど狭かったが、2017年の6月に駅前にあった建物を撤去して、バス停を備えたロータリーが設けられた。


 建設中の現在の3/4番ホーム。


※2000年2月2日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます