松丸駅 (予土線)
駅番号:G38

住所愛媛県北宇和郡松野町松丸
開業日1923年12月12日
電略マル
標高85m
乗降客数 (1989年)246人
(1999年)202人
(2011年)44人(乗車人員
形態片面1面1線
主な設備温泉浴場




 松野町の中心駅。駅周辺は民家や商店が多く建ち並んでいる。
 1923年に宇和島鉄道の駅として開業、1933年に国有化された。

 現在の駅舎は、松野町の運営する「ふれあい交流館」と合体し、2階部分が町営温泉浴場である「森の国 ぽっぽ温泉」となっていて、誰でも気軽に入浴できる。
 広見川を挟んだ対岸を走る国道381号線沿いには、道の駅などもあり、週末になると観光客などの姿が多く見られる。


 片面1面1線のホーム規模に比べて、異様に立派な駅舎。

 かつては島式1面2線だった。そのため、ホームの前後で線路がカーブしている。

 島式ホームだった頃の名残。

 入口を入って改札手前右手は、駅窓口ではなく、観光案内所。

 向かって右手には展示ギャラリーがある。

 入口を入ってすぐ左側にある待合室。

 向かって右手にトイレがある。

 なお23時から翌朝6時半までは、この建物は閉鎖されるため、駐輪場脇の通路からホームに出入りする。

 もっとも、、、最終列車は23時前だし、始発列車は7時前なので、要は建物が施錠されるのは列車の無い時間帯だけである。

 正面から見た駅舎兼温泉。

 2枚の画像を強引にくっつけてあるので、左側に比べて右側のデッサンが少しおかしくなっているけど、まぁ気にしない(w

 駅名標。



 ホーム側から2階へ上がると、足湯に浸かることができる。

 建物内案内図

 2階部分が温泉浴場になっている。

 工事中の頃の様子。


※2002年9月18日撮影。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます