山瀬駅 (徳島線)
駅番号:B13

住所徳島県吉野川市山川町西久保
開業日1899年12月23日
電略ヤセ
標高32m(測定値)
乗降客数 (1989年)510人
(1999年)374人
(2010年)142人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 旧・山川町の東方にある集落の中に位置する無人駅。
 普通列車のみが停車する。

 吉野川市になる前の山川町の、さらにその前の山瀬町の時代の中心駅であり、駅周辺は今でも民家が多いが、狭い旧国道からもさらに外れた場所にあり、駅前の道路は非常に狭い。


 1899年に徳島鉄道の山崎駅として開業。
 1907年の国有化を経て、1914年3月に徳島線が全通した際に、現駅名に改称された。


 ホームは対面2面2線。
 一線スルー未対応。

 上り方場内。
 配線的には一線スルーに出来そうなのだが、何故このようなカーブを描いているのか意図が不明である。

 下り方場内。

 かつての構内通路を埋めた跡が残る。

 2番ホームに建つ、29kmのキロポスト。


 跨線橋とその銘板。

 1番線横に残る、かつての貨物扱所。

 駅名標。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます