阿波山川駅 (徳島線)
駅番号:B14

住所徳島県吉野川市山川町湯立
開業日1900年8月7日
電略アヤ
標高36m(測定値)
乗降客数 (1989年)1,614人
(1999年)1,298人
(2010年)438人(乗車人員
形態片面1面1線
主な設備




 旧・山川町(現:吉野川市)の中心駅。
 1900年に徳島鉄道の湯立駅として開業。国有化の後、1957年に現駅名に改称された。

 国鉄時代は1985年3月改正までは一部の急行列車のみ停車していたが、以降は全ての急行列車が停車していた。
 1996年に登場した特急「剣山」も、当初は一部の列車のみ停車していたが、現在は全ての列車が停車する。

 平日の午前中のみ、窓口営業を行っている。

 旧・山川町の中心部に近いところに位置するが、駅は国道から外れたところにあり、駅前の道は非常に狭い。


 ホームは片面1面1線。

 駅舎内の様子。

 画像右手が駅舎正面出入口、中央の奥が改札口。

 改札からホームへの上り階段(画像左側)。
 以前の階段(画像右側)は柵が設けられて通れないようになっている。

 右端の建物はトイレ。

 駅名標。

 駅舎側には昔の駅名標が掲出されているが、2018年現在かなり劣化が進んでいる。。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます