川田駅 (徳島線)
駅番号:B15

住所徳島県吉野川市山川町槻原
開業日1914年3月25日
電略カタ
標高42m(測定値)
乗降客数 (1989年)354人
(1999年)280人
形態島式1面2線
主な設備




 旧・山川町(現:吉野川市)の西の外れにある、普通列車のみが停車する無人駅。
 旧国道沿いの集落の中にあり、近くには「川田まんじゅう」の本店がある。


 現在の川田駅は事実上二代目にあたり、当初は徳島鉄道によって1907年8月28日に現在と別の場所に開業。その4日後の国有化を経て、1914年に穴吹方面へ通じる新路線建設により、現在の位置に今の駅が開業した。


 ホームは島式1面2線。

 跨線橋があり、保線用の留置側線も備える。

 上り方場内。

 下り方場内。

 駅裏手のかつて製糸工場跡があった場所は、2018年現在は全てソーラーパネルで埋め尽くされてしまっている。

 跨線橋。

 駅裏手には、かつての貨物扱線跡などの空きスペースがある。

 1番線脇にも、かつての貨物扱所の跡があり、保線用に測線が1本残されている。

 駅舎をホーム側から見る。

 ホームにある蛇口は・・・残念ながら業務用らしく取っ手は外されている。

 構内には34kmのキロポストが建っている。

 1番ホーム側の駅名標。

 阿波山川の駅ナンバリングのシールが剥がれている。
 ちなみに2008年当時はちゃんと貼られていた → 

 ↑の裏面、2番ホーム側の駅名標には、何故か隣接駅の駅ナンバリングシールが貼られていない(2008年6月当時)。


 駅舎のホーム側屋根には、かつての広告塔と思われる骨組みが遅くとも2008年まで残っていたが、現在は撤去されている。


※2008年5月7日撮影(以下同じ)

 かつては駅裏手に製糸工場があり、2008年当時までは建物が残っていた。

 当駅で貨物扱いをしていた当時は貨物列車が利用されており、駅裏手の線路敷地跡はその名残。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます