石井駅 (徳島線)
駅番号:B05

住所徳島県名西郡石井町石井
開業日1899年2月16日
電略イイ
標高28m(測定値)
乗降客数 (1989年)2,350人
(1999年)2,014人
(2010年)926人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 石井町の中心駅。
 1899年に徳島鉄道の駅として開業、1907年に国有化された。

 周辺は住宅が多く、町役場や警察署なども比較的至近にあり、高校もあることから特急列車が停車する以前から利用者は多い。

 かつては普通列車のみが停車する駅だったが、2005年3月1日改正からは、ほとんどの特急列車が停車するようになり、現在当駅を通過する特急列車は3本のみとなっている。


 ホームは対面2面2線。

 上り方場内。

 一線スルー対応で、2番線が上下本線。

 下り方場内。

 旧鉄道院時代からの歴史ある跨線橋。

 当駅の他、蔵本や鴨島にも残っている(2018年現在)。

 駅舎向かって左側にある、保線基地。

 駅舎内の様子。

 窓口の営業時間は、
 6:50〜11:30
 12:30〜15:30

 となっている(2008年当時)。

 駅名標。

 昔の駅名標も残っている(2008年当時)。


 かつての駅前の様子。
 この当時に比べて、道路部分がかなり大がかりに掘り下げられているのがよく判る。

 正確な時期は不明だが、これ以降2007年度までの間に現在の形に整備された。


※2001年9月1日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます