阿波半田駅 (徳島線)
駅番号:B19

住所徳島県美馬郡つるぎ町半田中藪
開業日1914年3月25日
電略ハン
標高70m(測定値)
乗降客数 (1989年)356人
(1999年)332人
(2010年)135人(乗車人員
形態片面1面1線
主な設備




 そうめんで有名な半田町(現:つるぎ町)の代表駅。
 普通列車のみが停車する。

 駅周辺は多くの住宅に混じってそうめんの製造所がある。
 なお、旧町役場を含めた旧半田町の中心部は、駅から町道を1kmほど山側に進んだところにある。


 駅構内には多数のツツジの木が植えられ、4月から5月にかけて満開となる。


 ホームは片面1面1線。

 かつては島式1面2線であったが、旧1番線は廃止された。

 旧1番ホーム跡。

 さらにもう1本線路があったようで、路盤の跡もわずかに残っている。

 上り方場内。

 出発信号機は撤去されてしまっており、いわゆる停留場扱いとなっている。

 ツツジの咲くホームと駅名標。

 毎年5月上旬頃が見頃となる。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます