学駅 (徳島線)
駅番号:B12

住所徳島県吉野川市川島町学
開業日1899年12月23日
電略カク
標高29m(測定値)
乗降客数 (1989年)882人
(1999年)748人
(2010年)265人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 旧・川島町(現:吉野川市)の西側に位置する駅。
 1899年に徳島鉄道の駅として開業し、1907年に国有化された。

 普通列車のみが停車する。業務委託駅となっており、午前中のみ窓口が開いている。



 「学」という珍しい地名は、昔このあたりに阿波国の学問所があったために名付けられたといわれる。また別の説では、その昔当地にあった了慶寺というお寺に、学徳の高い名僧がいて各地から大勢の人々が集い、学問を習いに来たという故事から来ているとも言われる。

 当駅の入場券には「入 学」という文字が刻印されていることから受験生を中心に大人気となり、特に5枚セットは「5入学」=「御入学」ということで、さらに高い人気を呼んでいる。
 現在では、学駅以外の四国内の主な駅や、JR四国の旅行センター「ワープ」支店、またインターネット上でも販売されている。
 なお5枚一度に買った場合は、赤または紫のお守り袋が無料でついてくる。


 ホームは対面2面2線で、一線スルー未対応。

 駅構内の様子は、跨線橋の位置を除けば隣の山瀬駅とそっくり。

 上り方場内。

 隣の山瀬と同様、一線スルーを拒否するかのような配線w

 下り方場内。

 2番線を通る下り列車は、ポイント部分で35km/hの速度制限を受ける。


 跨線橋と銘板。

 かつての貨物扱所跡と線路。

 駅舎左手にある、恐らくは貨物扱い所などの建物があったと思われる跡。

 駅舎正面。

 駅名標。

今や貴重(?)な、国鉄時代発行の豪華な学駅入場券セット


御利益?

いや、それは本人の気持ち次第よ(笑




検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます