阿波加茂駅 (徳島線)
駅番号:B22

住所徳島県三好郡東みよし町加茂
開業日1914年3月25日
電略カモ
標高79m(測定値)
乗降客数 (1989年)706人
(1999年)682人
(2010年)246人(乗車人員
形態島式1面2線
主な設備




 東みよし町(旧三加茂町)の代表駅。

 国鉄時代は一部の急行列車が通過し、JRになって特急列車が設定されたときも、当初は一部の特急列車のみが停車していたが、2001年10月1日以降は全ての定期旅客列車が停車するようになった。


 駅から直線距離で約600mのところに、東西約50m/南北約40m、樹齢約1000年といわれる、国の特別天然記念物「加茂の大クス」があり、駅のホームにもクスノキが2本鎮座している。

加茂の大クス(東みよし町公式サイト)


 ホームは島式1面2線。

 ホームにはクスノキが2本鎮座している。

 上り方場内。

 かつての貨物扱所を転用した保線用留置側線が分岐している。

 下り方場内。

 こちらは、1/2番線とも出発信号機を備えている。
 ↑1つ上の画像では少々判りにくいが、上り方の場内信号も2つあり、下り方面列車については当駅での待避&追い越しが可能となっている。

 このほか、かつての構内通路の痕跡が残っている。

 上り方場内からも同様に保線用留置側線が伸びている。

 その横には、元の貨物扱所の跡もある。

 駅名標。


 ホームのクスノキは定期的に剪定されている。

 2008年5月7日当時はご覧のような堂々とした枝ぶりであった。

 しかし、このように車両限界ギリギリまで枝が伸びていたため、この後ほどなくして剪定された模様である。


※2008年5月7日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます