撫養駅 (鳴門線)
駅番号:N09

住所徳島県鳴門市撫養町南浜
開業日1916年7月1日
電略ムヤ
標高(?)m
乗降客数 (1989年)548人
(1999年)334人
形態片面1面1線
主な設備




 1916年に阿波電気軌道の駅として開業した。
 これまでに3度駅名が変わっている。

 1928年1月18日に、ひとつ隣の撫養(現:鳴門)まで路線延長され、ゑびす前駅に改称。
 1933年に国有化され、蛭子前駅に改称。
 1948年8月1日に、現在の駅名に改称された。

 元は普通の駅舎があったが、現在はコンクリートブロックを積み上げたスクエアな簡易駅舎となっている。


 2010年度にバリアフリー対応工事が実施され、ホームの嵩上げが行われた。


 ホームは片面1面1線。

 バリアフリー対応工事に際しては、3両分あるホームの内、鳴門側の2両分のみが嵩上げされている。

 嵩上げは他の駅と異なり、H型鋼の上にコンクリ板を載せる簡易な工法となっている。

 駅舎内は待合室と改札のみで駅事務室は無く、無人駅となっている。

 駅舎は遠目にはプレハブ風だが、実際は鉄骨とコンクリートブロックを積み上げて作られた頑丈なもの。

 鳴門側は急カーブになっている。

 駅名標。

嵩上げ前のホームの様子。




検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます