山河内駅 (牟岐線)
駅番号:M22

住所徳島県海部郡美波町山河内
開業日1942年7月1日
電略ヤカ
標高65m
乗降客数 (1989年)56人
(1999年)44人
形態片面1面1線
主な設備




 日和佐からすこし山側に登ったところにある駅。
 普通列車のみが停車する。

 国道55号線からそれた旧道沿いにあり、駅前には数軒の民家があるが、周囲はひっそりとしている。

 2009年度にバリアフリー化工事が実施され、ホーム嵩上げと車椅子用スロープ設置が行われた。


 現在のホームは、片面1面1線。
 元は島式ホームで貨物側線などもあったが、国鉄時代のかなり早い時期に現在の1番線以外は撤去されて、棒線駅となった。

 2009年度のバリアフリー化工事によるホーム嵩上げ量は、ごくわずか。

 元は駅舎があったが、取り壊された。

 ホームは元の駅舎よりもさらに高いところにある。

 手前の階段を上がったところが、元の1番線。さらに上がると、現在の1番ホーム。

 2009年度に新たに設置されたスロープ。

 だがこの向き、駅の出入口とは反対方向、、、、よく考えると、駅出入口側には階段しかなく、車椅子の通れるような道は無い、、、、

 ホームからのスロープを降りた先にある未舗装路、、、、車椅子はここを通れということ!?

 元の1番線跡と、貨物ホーム跡。

 元の1番線と貨物線が撤去されてから、かなりの時間が経つのだろう。
 街灯は赤さびが浮き、樹木も大きく成長している。

 過去の雑誌記事によれば、1950年代にはもう既に交換設備が撤去されてしまったらしい。

 構内には、徳島電気区の山河内中継所がある。

 駅名標。



 2008年5月当時の様子。




検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます