羽ノ浦駅 (牟岐線)
駅番号:M09

住所徳島県阿南市羽ノ浦町宮倉
開業日1916年12月15日
電略ハノ
標高(?)
乗降客数 (1989年)2,512人
(1999年)1,954人
(2010年)751人(乗車人員
形態島式1面2線
主な設備




 1916年に阿南鉄道の駅として開業。1936年に国有化された。
 かつては当駅から古庄への支線が分岐(元の阿南鉄道線)していたが、1961年に廃止された。現在も、国道55号線に並行して、旧線跡を活用した細い道路が残っている。

 牟岐線の中では阿南に次いで乗降客の多い駅。
 特急列車も含めて全ての列車が停車する。

 旧羽ノ浦町(現:阿南市)の中心駅で、阿南市役所羽ノ浦支所が近隣にあり、駅周辺は住宅なども多く、近くには高校もあるのでその利用者が多いが、駅前広場は非常に狭い。

 以前はキヨスクがあったが、今はもう店じまいしている。


 構内通路と島式1面2線のホーム。

 留置側線と保線基地もある。

 下り方場内。
 片開き分岐だが、一線スルー未対応。

 上り方場内。

 こちらはY字両開き分岐。

 駅名標。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます