阿南駅 (牟岐線)
駅番号:M12

住所徳島県阿南市富岡町今福寺64-3
開業日1936年3月27日
電略アン
標高(?)
乗降客数 (1985年)2,462人(乗車人員
(1989年)4,686人
(1999年)3,766人
(2010年)1,212人(乗車人員
形態 対面2面2線
橋上駅舎
主な設備 みどりの窓口
ワーププラザ
キヨスク

エレベーター
エスカレーター




 牟岐線最大といってよい主要駅で、全ての列車が停車する。

 乗降客数も同線内最大で、徳島県内でも徳島駅に次ぐ利用がある。また牟岐線の駅でみどりの窓口があるのはここだけである。
 徳島からここまで、日中はほぼ1時間あたり2本の普通列車が運転されているほか、徳島〜阿南間の特急列車も設定されている。

 橋上の新駅舎は2003年11月19日にオープンし、エスカレーターが西口に1基と、エレベーターは西口と東口、そして改札内に各1基の計3基を備えている。


 1936年に「阿波富岡駅」として開業。1966年11月1日に現駅名に改称された。


 ホームは対面2面2線。

 他に留置側線がある。

 上り方場内。

 下り方場内。

 ホームの下り方端部に、エレベーターが設置されている。

 改札を入ったところ。

 1番ホームへ下りる側の階段前から、2番ホームへの階段のある方を望む。

 東口

 階段部分の屋根がカーブを描いている。

 南側から駅舎を望む。

 ガラス張りとなっている。

 東口は、そのまま陸橋で商工会議所に繋がっている。

 改札付近の様子。

 改札の隣(東側)に隣接する、みどりの窓口とワーププラザ。

 その部分の天井は湾曲していて、そのまま階段部分に繋がる。

 東口階段の踊り場(中2階?)には、徳島電気区阿南駐在室の出入口がある。

 駅名標。


 橋上駅舎化工事中に使用していた、仮駅舎。


※2003年9月18日撮影(以下2枚とも)

 仮駅舎から2番ホームへは、構内通路を渡っていた。

 ホームは一見すると片面+島式の2面3線だが、実は対面2面2線で、東側のホーム(2番ホーム)は片面のみ使用。

 一番東側の1本は留置側線となっている。

 平屋時代の阿南駅。
 入口手前右手に食堂があった。


※1997年12月15日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます