佐古駅 (高徳線)
駅番号:T01/B01

住所徳島県徳島市佐古二番町
開業日1935年3月20日
電略サコ
標高(?)
乗降客数 (1989年)1,544人
(1999年)1,308人
(2010年)722人(乗車人員
形態 島式1面2線
高架駅
主な設備 キヨスク

エレベーター




 徳島の一つ隣に位置し、比較的中心部に近い場所に立地する高架駅。
 1993年7月27日に高架化が完成している。

 地平時代は小ヤードがあったが、高架化に際しては島式1面2線のみの簡単な配線となっている。
 一時、急行列車や特急列車が停車していた頃もあったが、現在は普通列車のみが停車する。

 なお、当駅に特急列車が停車しないため、佐古〜徳島間ははみ出し乗車が認められている。


 改札付近の様子。

 基本的に常時駅員が常駐しており、休み時間や深夜を除いて窓口業務を行っている。

 改札を入って正面突き当たりに、トイレとエレベーターがある。

 振り返るとホームへの階段がある。

 エスカレーターは設置されていない。

 ホームは島式の1面2線。

 もっぱら、1番ホームが徳島線、2番ホームが高徳線と鳴門線の列車が発着する。

 上り方場内。

 高徳線、徳島線ともに、出発信号機が2基ずつ並ぶ。
 高徳線は2番線が本線、徳島線は1番線が本線となる。

 下り方場内。

 こちらは、高徳線は2基あるが、徳島線は1番線側の1基のみとなっている。
 つまり徳島線の上り列車は、2番線へ入線することはできるが、その場合は徳島線に戻ることはできず、次の徳島までは高徳線を走行することになる。

 2番線は特急「うずしお」通過のため、1番線よりも大きめのカントが付けられており、停車列車では車体が大きく傾く。

 その関係で、ホームの特に高松・阿波池田側は傾斜が付けられており、1番ホーム側に比べて2番ホーム側は若干低くなっている。

 ホーム中央のやや徳島寄りにエレベーターがある。

 高徳線・徳島線・鳴門線の合わせて65本の発車時刻が書き連ねられた、徳島方面行きの発車時刻表。

 よく見ると、朝と深夜に合わせて2回だけ、1/2番両ホームからの同時発車がある。

 駅名標。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます