讃岐相生駅 (高徳線)
駅番号:T09

住所香川県東かがわ市南野
開業日1935年3月20日
電略アオ
標高3m
乗降客数 (1989年)176人
(1999年)48人
(2003年)44人
(2010年)13人(乗車人員
形態対面2面2線
主な設備




 香川県最東端の駅でかつ、香川県内でもっとも利用者の少ない駅。
 なお、旧引田町の公式資料によると、1985年当時の利用者数は196人だったようだ。

 高松方面からの列車の大半は三本松や引田までで折り返しとなり、停車する普通列車よりも通過する特急列車の方が多い。

 1970年代までは、当駅始終着の普通列車が存在した。

 ホームは対面2面2線。

 高徳線高速化事業に際して一線スルー化され、1番線が上下本線となる。

 上り方場内。

 下り方場内。

 場内を抜けると、すぐに大坂越えの勾配がはじまる。

 かつての構内通路の階段を埋めた跡。

 ペンキの表記もまだ残っている。

 駅裏手からも直接2番ホームに出入り可能。

 元の貨物扱ホームの跡。

 駅名標。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます