須崎駅 (土讃線)
駅番号:K19

住所高知県須崎市原町
開業日1924年3月30日
電略スキ
標高2m
乗降客数 (1989年)2,356人
(1999年)1,356人
形態併用2面3線
主な設備 みどりの窓口
ワーププラザ
須崎駅内郵便局

車deトレイン取扱




 高知県内の国鉄線発祥の駅であり、須崎市の中心駅。現在の駅舎は1955年の竣工。
 工場用地を挟んで須崎港にほぼ隣接しており、駅の跨線橋からは海が見える。

 開業当初より当駅を通過する列車は存在せず、現在も全ての列車が停車する。
 高知方面からの普通列車は過半数が当駅で折り返し運転となっており、これより先は特に普通列車の本数が大幅に減少する。

 かつてはキヨスクなどの売店等があったが、それらは全て撤退しており、駅舎内には駅事務室とワーププラザのみが残っていたが、2009年にそれまでの須崎駅前郵便局が駅舎内に移転し、須崎駅内郵便局と改称している。


 駅舎内の様子。

 向かって左に須崎駅内郵便局の窓口がある。
 なお、郵便局は出入口は2つあり、駅舎外からも出入できる(上画像参照)。

 ホームは片面+島式の併用2面3線。

 片面ホームと島式ホーが少しずれた状態で配置されている。

 片面ホームとなる1番ホームは、窪川側の一部がカーブしている。

 場内有効長は充分長いが、ホームは1番が6両編成、2/3番は5両編成までしか対応していない。

 また、片面の1番ホームよりも、島式の2/3番ホームの方がかなり幅が狭い

 1/2番ホームの間には給水設備(の跡?)が残る。

 2/3番ホームには、昔懐かしの水飲み場がある。


 2018年10月現在、ちゃんと水が出て飲めることを確認(但しいきなり勢いよく出るので蛇口の加減に注意)。



 国鉄時代を象徴するような、古レールや木材などで構成された古風な跨線橋。

 上り方場内。

 2番ホームは下り列車専用。

 下り方場内。1番ホームは上り列車専用となっている。
 すなわち、当駅でそのまま折り返す列車は基本的に3番ホームから発着する。国鉄時代はこのような配線の駅ではこういう扱いとなるのが普通であった。

 このカーブの先、線路は市街地の軒先すれすれのところを通る。


 なお、信号機下の数字に注目。
 3番ホームからの出発信号機の下に「1」の番号、、、つまり1番線を示している。

 昔よりはかなり減ったが、今も多くの側線が残る。

 1番ホーム脇に残る、広い貨物跡地。

 吊り下げタイプの駅名標。

 漢字は丸ゴシック体、ひらがなが明朝体となる少数派タイプ。

 「生えて」いるタイプの駅名標。

 こちらは、漢字/ひらがなとも丸ゴシック体となっている。

 駅舎横にある記念碑類。

 高知線の歌の碑と、高知県国鉄発祥地であることを示す碑、それにD51形の動輪が設置されている。

 地元団体による「土讃線発祥の地記念」のプレート。


 上り方から駅構内を望む。


 国鉄時代のホームの様子。


※1987年4月7日撮影(以下2枚とも)

 国鉄時代の2/3番ホームの駅名票。

 一部の普通列車が通過する小駅である大間駅がカッコ書きされている。
 四国ではそれが普通であった。

 番ホームの駅名票では、そのカッコが消えて隣駅が2つあるかのような表記になってしまっていた。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます