繁藤駅 (土讃線)
駅番号:D35

住所高知県香美市土佐山田町繁藤
開業日1930年6月21日
電略シケ
標高347m
乗降客数 (1989年)134人
(1999年)62人
形態併用2面3線
主な設備




 JR四国でもっとも標高の高い駅。
 ここから土佐山田までは14km弱であるが、高低差が300mもあるため、途中のほぼ全区間が25‰の連続勾配となっている。

 開業当初は「天坪駅」という名称だったが、1963年10月1日に現駅名に変更された。



 今は静かな山間の駅であるが、かつてはここで悲惨な出来事があった。

 1972年7月5日、折からの集中豪雨によって繁藤駅前の追廻山が小崩壊。地元の消防団員らが出動して復旧に当たっていたその時に、高さ約150m、幅約80mに渡る大規模な崩壊が発生した。
 約10万立方mの土砂が、作業にあたっていた地元消防団員や地元の人たちはもちろん、12棟の民家と繁藤駅の一部、さらには駅に停車中だった列車(高松行224列車=DF50牽引・客車4両編成)までも一気に飲み込み、DF50形ディーゼル機関車1両と客車2両が、乗客・乗務員を乗せたまま駅の横を流れる穴内川に転落。駅も半分以上が土砂に埋まって、合わせて60人が死亡した。
 土砂の威力は凄まじく、重量84トンもあるDF50が川を飛び越えて約60m先まで吹き飛ばされたそうである(下記リンク先の時事ドットコムの画像に、川の対岸まで飛ばされて上下がひっくり返っているDF50が写っている)。

 これが有名な「繁藤災害」で、地元原告団と国との間で天災か人災かで19年に渡って裁判で争われ、1991年9月になってようやく最高裁で和解が成立した。

 並行する国道32号線脇には慰霊碑があり、列車の車窓からも見ることが出来る。


 なお、この繁藤災害により、国鉄(当時)土讃線は復旧までに23日を要した。
 また、このとき穴内川に転落したDF50形45号機は、現地で解体されて銘板や一部の機器だけが回収され、今でもその一部が川底に埋没したままだという。

 読売新聞高知版特集記事(別ウィンドゥで開きます:リンク切れ)
 消防防災博物館記事(別ウィンドゥで開きます)
 高知県警HP 警務部(別ウィンドゥで開きます)
 時事ドットコム写真特集(別ウィンドゥで開きます)

※リンクは予告無く切れます



 駅前には高知県交通のバス停があり、県庁方面へのバスが走っている。

高知県交通


 ホームは片面+島式の2面3線。

 一線スルーにはなっていないので、待避線である3番線のみが上下線共用となる。

 「高知線の歌」の24番目のプレートがある。

 隣の角茂谷駅にあるのと同じ物。

 下り方場内。

 2番線からは40km/h、3番線からは30km/hという、いずれもかなりきつい分岐速度制限がかかる。

 上り方場内。

 保線基地となっている、かつての貨物扱所。

 繁藤災害の時は、↑の場内分岐のあるあたりからこの辺り一帯全て、土砂に埋まっていたという。

 駅名標。


 駅で離合する列車。
 左から、高知発高松行き(多度津から快速)238D、阿波池田発須崎行き747D、中村発高松行き「あしずり4号」。


※1986年5月5日撮影

 1997年6月8日当時の構内の様子。




 多度津工場で保管されている、繁藤災害で被災したDF50形45号機の銘板。

 同機は現地で解体放棄されて、主要な部品のみが持ち帰られ、今でも一部の部品は現場の川底に埋まったままらしい。






検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます