大田口駅 (土讃線)
駅番号:D30

住所高知県長岡郡大豊町黒石
開業日1934年10月28日
電略オタ
標高225m
乗降客数 (1989年)328人
(1999年)84人
形態島式1面2線
主な設備




 弘法大師が修行したといわれる梶ヶ森の袂にある、普通列車のみが停車する山間の無人駅。
 場内は意外と広いが、ゆるい逆S字を描いているのが特徴である。この線形と、一線スルー未対応ということもあって、通過列車でも大きく減速を余儀なくされる。


 2010年度にバリアフリー対応工事が行われ、ホームの一部が嵩上げされた。



 ホームは島式1面2線。構内通路を持つ。

 2010年度にバリアフリー化対応工事として、ホームの下り方が21m車1両分のみ嵩上げされた。

 上り方場内。
 緩い逆S字を描く。

 一線スルーは未対応。

 昔はほとんどの駅で貨物扱いを行っていて、そのための線路とホームがあった。大田口駅も例外ではない。

 それらの多くは、現在は保線基地や駐車場などとして活用されている。

 上り方のホーム先端付近に80kmのキロポストがある。

 駅名標。


 嵩上げ前のホームの様子。

 2008年4月撮影。





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます