布師田駅 (土讃線)
駅番号:D42

住所高知県高知市布師田
開業日1952年4月15日
電略ヌノ
標高6m
乗降客数 (1989年)104人
(1999年)182人
形態片面1面1線
主な設備




 国分川の橋梁を渡ったすぐのところにある無人駅。国分川橋梁の掛け替え工事に伴って、2003年3月7日に高架化された。
 土讃線初の高架駅でもある。

 周囲は田園地帯で、駅のホームからは高知運転所が一望できる。

 国鉄時代は通過する普通列車も多かったが、現在は朝の上り1本を除いた全ての普通列車が停車する。


 ホームは片面の1面1線。

 駅へのアプローチは、一旦土手に上がった後、歩道橋で駅へ渡る形になる。

 トラス橋のすぐ横に設置された歩道橋。

 駅名標。

 駅の下り方には高知運転所が見える。


 切替工事中、高架橋の橋脚が立ち並び始めた頃。
 ホーム延長の後がよく判る。元々のホームは20m車1両分の長さしかなかった。


※2001年8月30日撮影

 新しいトラス橋もできて、高架の新駅が姿を見せ始めた頃。


※2002年9月22日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます