土佐北川駅 (土讃線)
駅番号:D33

住所高知県長岡郡大豊町久寿軒
開業日1960年10月1日
電略キワ
標高326m
乗降客数 (1989年)66人
(1999年)14人
形態 島式1面2線
橋上駅
主な設備トラス橋(w




 かつては川縁の崖にへばりつくように立地していた片面1面1線のみの駅であったが、土讃線の防災対策強化を目的とした線路変更に伴って、1986年3月3日改正で現在位置に移転開業した。
 このとき、旧大王信号場を廃止してその交換設備を統合したため、列車交換設備を持つ島式1面2線の駅となったが、駅を設けるスペースがなかったことから、川を渡る鉄橋上に駅を設けることとなったものである。

 普通列車のみが停車する。

 分岐器は通過列車を考慮して16番両開きであるが、それでも通過速度は80km/hに制限され、特に下りの特急は手前の大王トンネル内を高速で走行することから、駅手前でかなり減速を強いられる。


 駅入口付近。

 鉄橋下に設けられている待合室とホームへ上がる階段。

 ホームへの上り階段。

 ホームは島式1面2線。
 一線スルー化されていない。

 下り方を望む。

 移転前の旧駅は、出発信号機が設置されているあたりに位置し、片側1面1線の棒線駅であった。

 上り方場内。

 場内分岐は大豊トンネルの中に設置されている。

 大豊トンネルを駅に向かって近づいてくる「南風」。

 場内分岐の位置などが比較的よく判る。

 ホームから下を見る。

 駅名標。

 すぐ横には93kmのキロポストも立っている。

 鉄橋に併設されている歩道。



 移転開業からまだ間もない頃の、真新しい土佐北川駅ホーム。


※1986年5月撮影

 土讃線から分岐する旧線(大杉〜土佐北川間)。現在の第四穴内川橋梁のあるあたり。
 保線車両を留置してある。

 現在、この線路跡は道路になっている。


※1986年5月撮影

 現在、旧線跡の一部は舗装道路に整備されているが、その道路脇に残る遺稿。
 画像では判りにくいが、「1964−3」という文字が刻まれている


※2014年4月2日撮影

 旧線跡に今も残る、落石よけの残骸。
 この土佐北川側(高知側:画像右側)にはトンネルも残っている。


※2014年4月2日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます