入明駅 (土讃線)
駅番号:K01

住所高知県高知市幸町
開業日1924年11月15日
電略アケ
標高2m
乗降客数 (1989年)600人
(1999年)900人
形態片面1面1線
主な設備エレベーター




 高知駅から1キロ強、市街地の中にある無人の高架駅。
 2008年2月26日に高知駅とともに高架駅として生まれ変わった。

 国鉄時代はほとんどの普通列車が通過していたが、現在は全ての普通列車が停車する。


 ホームは片面のみの1面1線で、少しカーブしている。
 ホームを入って上り方(高知方)を望む。

 こちらは下り方。


 階段を上がったところにあるホーム出入口付近。

 高知県の駅らしく、天井には木材がふんだんに使われている。

 天井だけでなく、手すりも木製。

 駅構内はかすかに木の香りもする。

 駅名標。

 待合所の壁面も木製。

<地上時代>

 地上時代の入明駅。
 下り方を望む。

 傍らでは、既に高架化工事の基礎工事が始まっている。


※2001年8月30日撮影

 高架化後もしばらく残っていた旧ホーム。

 但し、写っているホームは高架化工事に際して設置された仮ホームで、2001年時点↑でのホームに対して、ちょうど線路を挟んだ反対側に位置する。
 高架線路の北側側道部分が、かつての線路跡となる。


※2008年5月8日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます