円行寺口駅 (土讃線)
駅番号:K02

住所高知県高知市西新屋敷
開業日1964年10月1日
電略エン
標高3m
乗降客数 (1989年)488人
(1999年)646人
形態片面1面1線
主な設備エレベーター




 入明駅と同様に、高知市の市街地にあり、2008年2月26日に高架化された無人駅。
 国鉄時代は通過する普通列車も多かったが、現在は全ての普通列車が停車する。

 駅の構造は、入明駅を反転コピーさせたような感じで、ほとんど同じとなっている。


 ホームは片面のみの1面1線。

 ここは入明駅と異なり、ホームは直線状。

 上り方を望む。

 ホーム出入口付近。
 向かって右手に自動券売機とエレベーターがある。

 入明駅と同様に、天井や手すりには木材が使用されている。

 高架区間はこの先で終わり、線路は地上へ下りていく。

 駅を高速で通過する特急列車。

 車両の幅よりもホームの幅の方が狭い・・・・

 駅名標。

<地上時代>

 地上時代の円行寺口駅。


※2001年8月30日撮影

 高架化後もしばらく残っていた旧ホーム。
 現在の高架橋の北側の側道部分が、かつての線路跡であった。


※2008年5月8日撮影





検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます