385系 制御付振子式特急形電車
特急「オースター」
(関水金属製)


885系の直流仕様化改造車 385系

↓実車の885系





 丁度381系の後継車両が欲しいと思っていたときに、関水金属から発売になったばかりの885系がショップのショーケースに置いてあるのを発見して、本来なら285系「サンライズエクスプレス」にあてがう予定だった予算をこっちに回して、即刻確保してきたモノである。

#早い話が衝動買いだ(笑)


 いや、その前週に関水金属の2001年版のカタログを買ったときに、885系が表紙を飾っていたので、「新製品として出るのかな? 出たら買おうかな?」と思っていたのである(^^;
 もしあの時、ショーケースに置いてあったのが885系ではなくて285系だったら、ほぼ100%の確率で285系を買っていたところだったのである(^^;

 この385系の導入により、381系は定期運用を失って波動用に格下げとなった。
 やっぱり、自然振子式車両の後継車は、制御付振子車両でないと意味がないからね(笑)



 この885系の特徴は、「本当にカーブで車体が傾く」ことである。
 関水金属が独自に開発した振子機構を組み込んだ、本当に振子のように傾く模型車両なのである。

 当然ながら、模型の世界では振子式にしたって全然意味は無いし効果も無いのだが、E351系で初めて採用されたこのメカニズムは、リアルさ満点である。
 やっぱり、振子車はちゃんとカーブで傾かないと面白くないのである(^^;;;



 しかし、この885系をNSRで使用するには問題があったのである。

 実車の885系は交流20,000V/60Hz専用電車であって、直流1,500V電化であるNSRでは本来使用できないのである。
 もちろん、模型の世界なので本当は直流用だろうが交流用だろうが関係ないのだが、やっぱりやるからには自分なりの拘りというか、ポリシーというモノを持ちたいのである。

 ということで、885系を直流化を中心にしたNSR仕様化改造を行ったのが、NSR385系というわけである。



 NSR仕様化改造のポイントは以下の3点である。

(1)交流仕様→直流仕様化に伴う屋根上機器の改造

(2)車体側面のロゴマーク消去

(3)型式番号変更




↑ 「Auster」のロゴと号車番号のシールを貼って、「おでこ」をブラックアウト、
車体肩部をライトブルー化してイメージを変え、客室後半部をカフェテリアに改造したクロ385形


 2001年6月に第2編成を購入。今回も直流化改造を行って385系に形式変更した。


 第1編成と合わせて、基本9両+付属3両に組み替えて使用。
 モハ385+クモハ385のユニットを解消、クモハを電装解除してクハ化し、モハ385は1M方式に変更。編成両端にクロハを配し、1M2Tユニットの4本連結という方式に変更した。
 9/10号車のクハ385は中間連結器を増設予定で、これで9連+3連の12両編成の完成となる。

 また8月1日には、下り方先頭のクロハ385−1の後半普通室部分をカウンターを備えたカフェテリアに改造し、クロ385−1に改番した。


 2002年8月にサハを1両ばら売り中古で購入して9号車のクハと入れ替え、クハは2両とも予備車に変更した。
 さらに9月になってサハ1両を追加購入し、ようやく貫通12両編成が完成を見た。



↑ 車体側面スペースにロゴシールを貼り、号車シールも自作
さらに側面方向幕も自作して貼り付けてある


 この385系、前頭部のスタイルがドイツのICEを真似ている(いや、これは似ているんじゃなくて、あからさまに真似したとしか思えない(^^; )(苦笑)のが難点と言えば難点だが、カーブでちゃんと車体が傾くからそれぐらいは大目に見てやろう(火暴)


 ちなみに、「オースター(Auster)」とは、ラテン語で「南風」のこと。


号車形式番号メーカー品番入籍年月日除籍年月日記事改造など
1クロ385KATO <10-410>


2セット
+
バラ2両
2000.12.22. 半室
カフェテリア
種車:クロハ885
2000.12.24. 車番変更/ロゴ一部消去
2001. 8. 1. 客室後半をカフェテリアに改造/クロ化
2モハ385101動力車 種車:モハ885−100
2000.12.24. 屋根上機器改造/車番変更/ロゴ一部消去
3サハ385101
種車:サハ885−100
2000.12.24. 車番変更/ロゴ一部消去
4サハ385
種車:サハ885
2000.12.24. 車番変更/ロゴ一部消去
5モハ385
種車:モハ885
2000.12.24. 屋根上機器改造/車番変更/ロゴ一部消去
2001. 6.29. 電装強化、1M化
6サハ3851022001. 6.25.
種車:サハ885−100
2001. 6.25. 車番変更/ロゴ一部消去
7サハ385
種車:サハ885
2001. 6.25. 車番変更/ロゴ一部消去
8モハ385
種車:モハ885
2001. 6.25. 屋根上機器改造/車番変更/ロゴ一部消去
2001. 6.29. 電装強化、1M化
9サハ3851032002. 8.18.

種車:サハ885−100
2002. 8.18. 車番変更/ロゴ一部消去
10サハ3852002. 9. 1.

種車:サハ885
2002. 9. 1. 車番変更/ロゴ一部消去
11モハ3851022001. 6.25.動力車 種車:モハ885−100
2001. 6.25. 屋根上機器改造/車番変更/ロゴ一部消去
12クロハ385
種車:クロハ885
2001. 6.25. 車番変更/ロゴ一部消去
(予備)クハ3852000.12.22.
種車:クモハ885
2000.12.24. 車番変更/ロゴ一部消去
2001. 6.29. 電装解除/クハ化
クハ3852001. 6.25.
種車:クモハ885
2001. 6.25. 車番変更/ロゴ一部消去
2001. 6.29. 電装解除/クハ化


検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます