<架空鉄道「JRT四国」のページ>


特急「あしずり」
(高知龍馬空港・高知〜中村・宿毛間)
DC500系
下り9本/上り8本





DC500系1000番台×3両編成
(3/5/7/9/11/13/15/17号)
(2/4/6/8/10/12/14/16号)
123
宿  毛 ←→ 高知龍馬空港
(2/15号)
中  村 ←→ 高知龍馬空港
(3/11/13号)
(10/12/14号)
中  村 ←→ 高  知
(5/7/9/17号)
(4/6/8/16号)

※1号車上り方デッキにAEDがあります。

↓サイドビュー


DC500系0番台×5両編成
(1号)
12345
宿  毛 ← 高  知

※全車両の客室前後にTVモニタがあります
※1号車に展望サロンがあります
※4号車に喫煙コーナーがあります
※4号車に開放タイプの休憩コーナーがあります
は営業を休止している列車があります
※2号車下り方車端にAEDがあります。

↓サイドビュー




 高知〜中村・宿毛間のフィーダー輸送にあたる特急列車。一部は高知龍馬空港まで乗り入れる。
 高松運転所のDC500系1000番台と、高知運転所のDC500系0番台車によって、高知龍馬空港〜宿毛間が1往復、高知龍馬空港〜中村間が下り4往復、高知〜宿毛間が下り2本/上り1本、高知〜中村間が4往復の、合わせて下り11本/上り10本の設定となっている。

 DC500系0番台車は「南風」基本編成の間合い運用、それ以外は「しまんと」と共通運用となり、0番台編成にはカフェテリアが連結される。

 一部の列車は、高知〜窪川間で予土線特急「うわじま」を併結する。



運転時刻
<下り>

<上り>



STORY

<準急・急行時代>

 1961年4月に、準急「土佐」1往復を高知〜窪川間延長する形で、準急「足摺」として登場。


 63年2月改正で2往復に増発。うち1往復は、阿波池田〜高知間で準急「よしの川」を併結していた。
 同年12月には中村線・窪川〜土佐佐賀間が開通し、土佐佐賀まで運転区間が延長された。


 65年3月改正で3往復に増発。
 66年3月に急行に格上げされて平仮名書きの「あしずり」となった。


 この間、一部の列車は多度津〜阿波池田間で準急「予土」「いしづち」を、阿波池田〜高知間で準急「よしの川」を併結するなど、他の列車との分割・併合が頻繁に行われていた。


 68年10月1日改正では「南風」を統合して7往復体制に強化され、愛称名もこのときから平仮名書きの「あしずり」となった。


 70年10月改正では急行列車としての「あしずり」の最盛期に達し、7往復が運転されていた。また、中村線(現・土佐くろしお鉄道中村線)の全通に伴って運転区間が中村まで延長された。


 75年3月10日改正で1往復が特急「南風」に格上げされて6往復となった。


 76年にさらに1往復が「南風」に格上げされた。また、この時から高知〜中村間の区間列車が上り1本のみ設定されたほか、「土佐」の運転区間を延長する形で須崎始発が上り1本設定され、下り5本/上り6本の運転となる。


 80年10月1日改正では、1往復が高松〜高知間廃止された。


 82年11月15日改正で、中村〜高知間の上り1本と、高松〜中村間の下り1本が廃止されて、下り4本/上り5本となった。


 84年2月1日、中村〜高知間の上り1本が普通列車に格下げされ、4往復の運転となった。


 85年3月14日改正でそれまでのキハ58・65系からキハ69系に車種変更し、スピードアップが図られた。


 86年11月1日改正で2往復が「南風」化されて2往復体制となった。


 88年4月1日の改正では高松〜高知間が廃止される共に特別快速列車に格下げとなり、キハ69系により高知〜中村間に2往復の運転となった。


 90年3月10日改正で列車廃止となった。


<特急化>

 1994年3月18日のダイヤ改正で、土讃線末端区間をカバーする高知〜中村間の特急として再登場。
 下り2本/上り1本の合わせて3本で、全て2000系。


 98年9月1日改正では、東京〜高知間寝台特急「土佐」に接続する1往復のみの運転となり、「南風」の間合い運用とされた。


 97年10月1日の土佐くろしお鉄道開業により、運転区間が宿毛まで延長された。


 99年12月1日改正では、土讃線高知以南の特急1時間ヘッド化の施策により、一気に下り7本/上り8本に増発。
 このうちの3往復は高知〜窪川間で予土線特急「うわじま」との併結となった。


 2000年4月1日改正では、「南風」の運転系統変更により、下り8本/上り9本に増発。


 2002年4月1日改正で、1往復が「南風」に系統統合されて、下り7本/上り8本となった。


 2003年3月21日改正では、上り1本が「しまんと」と系統統合されて宿毛〜高松間直通となったため、運転本数は7往復となった。
 「うわじま」との併結列車は、下り3本/上り2本となった。


 2004年3月13日改正では、「南風」「しまんと」系統の見直しに伴い、運転本数が下り7本/上り8本となったほか、「うわじま」との併結列車は下り1本/上り2本の3本に減った。


 2005年3月21日改正では、上り1本が廃止されて7往復となった。
 「うわじま」との併結列車は、下り2本/上り3本となる。


 2006年4月1日改正では、「うわじま」との併結列車が3往復となった。


 2006年7月1日時刻修正では、「うわじま」との併結列車が4往復となった。


 2007年7月1日改正では、「南風」「しまんと」の系統分離によって3往復増発の10往復となった。
 また、グリーン車無しのモノクラス編成が無くなり、全列車にグリーン車が連結された。
 「うわじま」との併結は、従来通り4往復となっている。


 2008年3月15日改正で、車両運用の関係で1往復が「南風」間合いのカフェテリアつき編成から、「しまんと」間合い運用の編成に変更となった。


 2008年7月1日ダイヤ改正で、四国高速開発鉄道・高知龍馬空港線が開業したのに合わせ、5往復の列車が高知龍馬空港まで乗り入れるようになった。


 2009年3月14日改正では、「南風」へのDC500系投入により、21本中3本が同車での運転となったほか、このほかの列車についても元「南風」の車両が転用されたことから、グリーン車がグレードアップされるとともに、これら全ての列車にカフェテリアが連結されるようになった。
 また、ヘッドマークデザインが変更となった。
 高知龍馬空港〜宿毛間下り4本/上り3本、高知龍馬空港〜中村間下り1本/上り2本、高知〜宿毛間下り4本/上り3本(うち下り2本/上り1本がDC500系)、高知〜中村間2往復の、合わせて下り11本/上り10本という体制となった。


 2010年3月13日改正からは、DC500系で運転される1/3/20号の2号車下り方車端にAEDが搭載された。


 2015年3月14日改正で一部列車の中村〜宿毛間が廃止された。
 高知龍馬空港〜宿毛間下り4本/上り2本、高知龍馬空港〜中村間下り1本/上り3本、高知〜宿毛間2往復(うち下り2本/上り1本がDC500系)、高知〜中村間下り4本/上り3本の、合わせて下り11本/上り10本という体制となった。


 2016年3月26日改正では、下り1本の中村〜宿毛間が廃止された。
 結果、高知龍馬空港〜宿毛間が1往復、高知龍馬空港〜中村間が下り4往復、高知〜宿毛間が下り2本/上り1本、高知〜中村間が4往復の、合わせて下り11本/上り10本の設定となっている。


 2017年3月4日改正では、「南風」間合い運用の下り始発と上り最終の1往復(いずれも高知〜宿毛間)が廃止された。
 本数は、高知龍馬空港〜宿毛間が1往復、高知龍馬空港〜中村間が下り4往復、高知〜宿毛間が下り1本、高知〜中村間が4往復の、合わせて下り10本/上り9本の設定となっている。


 2018年3月17日改正では、2000系で運転されていた全列車が、高松運転所に新製投入されたDC500系1000番台車に置き換えられた。
 「しまんと」との共通運用は変わらないが、「南風」のDC500系0番台車とほぼ性能が揃えられたことから、基本的に運転所要時間に差が無くなり、高知〜中村・宿毛間で平均5〜6分程度のスピードアップとなった。




検索サイトから直接来られた方は、ここをクリックしてTopに移動できます